フリーダイヤルロゴ0120-317-387

お問い合わせ

営業時間 10:00~19:00 定休日(日・祝日)

私たちのスタンス

私たちのスタンス1

塗装の本質を守る。

  • 最新の機能性塗料や最新の設備……
  • いずれも大切です。でもそうした宣伝文句ばかりの業界の流れには???
  • 美しさを長持ちさせ、住まいを守る塗装の本質とは――
  • 事前の綿密な診断や、丁寧な洗浄、下塗り、しっかり時間をかける乾燥。
  • 適材適所の塗料や塗り方の選定、職人の技量と人間力。
  • そうした見えにくい地味な部分にこそ、塗装品質の本質が隠れています。
  • 核心は、見えないディテールに宿る。どんな仕事でも同じかもしれません。
  • 当社は、塗装の本質を守り、「キレイ」の先の、長い時間や快適さ、安心を見つめて仕事をしています。

私たちのスタンス2

10年、その先まで見つめる。

  • たとえば壁や屋根の状態によっては、下塗り(プライマー)を3~5回塗りしたり。
  • 本塗装も3度塗りすることもしばしば。
  • 塗装する以上は、塗装品質も住まいの寿命も、より長持ちさせる。
  • それがプロの仕事だし、結局は、お客様の負担軽減にも繋がります。
  • 当社は、塗った直後の見た目の美しさだけでなく、先々を見すえたご提案をし、責任ある塗装をお約束します。

私たちのスタンス3

「一級技能士」では計れない仕事を。

  • 「一級技能士」は、実務7年以上の経験者が実技・学科試験に合格して得る塗装技能の国家資格です。
  • 合格率は半分程度で、決して簡単な資格ではなく、本資格を持っていることは皆様にとって業者選びのひとつの目安になります。
  • ただ、一級技能士をことさらに強調する宣伝には???
  • 当社でも現場スタッフの1/3が取得していますが、アピール材料にはしていません。
  • なぜなら、一級技能士でも雑な人は雑な仕事しかしない。
  • 無資格でも丁寧な仕事をする人は、いくらでもいる。
  • すなわち、塗装品質を左右するのは、結局のところ人間性なのです。
  • それは多くの職人を見て来て断言できます。
  • そもそも、お客様の住まいを塗装する以上、一級技能士レベルは最低限の技能。
  • また、塗装と同様に重要な「事前の建物診断力」の判定が試験には含まれず、たとえ一級技能士でも、診断を誤れば適切な塗装ができないのです。
  • そうしたことから「一級技能士」の強調には「??」と思わざるを得ませんでした。
  • 資格では計れないレベルの仕事をする。それも当社のスタンスです。

私たちのスタンス4

問題を見過ごさない。見て見ぬフリをしない。

  • 当社が向き合うのは、大抵が10年~20年、あるいはそれ以上経過した住まい。
  • 塗装面だけでなく、住まいの様々な部分で劣化や修繕の必要を目にします。
  • しかし「塗装には関係ない」と見て見ぬフリをして、劣化部分を“キレイ”に 隠してしまう現場もあるようです。
  • 下地が劣化していれば、どんなにキレイに塗っても、いずれ支障が生じ、雨漏りなど深刻な問題に発展しかねません。
  • 当社は、修繕の必要を発見した場合は必ずご報告し、ご意向をうかがった上で万全の対応をしています。

私たちのスタンス5

受注は月6件に限定。

  • 今、私たち業界のビジネスモデルは、宣伝を頻繁にして、数をこなすスタイル。
  • それに対して当社が受注を限定するのは、下請けに頼らない直接施工で、責任ある仕事をしたいからです。
  • 限られた自社スタッフで責任ある仕事をするには、当社では月6件が限度なのです。
  • そもそも数を追求すると、どうしても仕事が雑になります。
  • 「もうちょっと、こうやれば万全だけど、時間がないから、いいか」
  • 「もうちょっと乾燥させたいけど、時間がないから塗ってしまおう」
  • 人間どこかで、そんな妥協だらけになる。
  • 美しさを追求する創造性も失われ、無難に塗るだけの“処理仕事”にもなりやすい。
  • それらは、お客様にとって絶対にマイナスです。

私たちのスタンス6

直接責任施工で、下請けに依存しない。

  • 上記の「スタンス5」と重なりますが、当社の塗装は、当社スタッフが直接行います。
  • また、すべての現場を社長が自ら監理します。
  • 修繕の必要があるときは、板金屋さんなどその道のプロに外注しますが、長年の信頼関係がある腕利きばかりですし、指示・監理はあくまで当社が責任をもって行います。
  • 下請け依存で数をこなすスタイルでは、どうしても目が行き届かなくなる。
  • 責任ある仕事をするために、当社は直接施工を貫いています。

私たちのスタンス7

追加料金のない、正確なお見積を。

  • よく「坪○万円~」という宣伝の価格表示を見ます。
  • 住まいの大きさも、壁の材質も、劣化状況も、周囲の現場状況も、お客様の希望も、どれひとつ同じ家はありません。
  • それなのに一律の価格表示……
  • 目安とは言え、表示価格と実際の価格が驚くほど違えば、目安にもなりません。
  • 当社は、無料見積で正確な金額をお出ししています。
  • 基本的に追加料金は発生しません。
  • 「それは別料金です」「その場合は追加料金となります」
  • そんな「えええ???」な商売は絶対にしません。
  • 足場を組んで、作業をスタートさせる段階で、修繕の必要な劣化や破損を発見することがあり、その際はご報告、ご要望によって別途修繕見積をお出しすることはあり得ます。(それは最初にご説明し、見積にも明記します)
  • お客様のご希望の変更により、見積金額が変わることもあります。
  • そうした例外を除けば、追加料金のない正確なお見積をご提示します。

無料見積は、私たちにとって日常的。
普通のこと。見積したからと言って、契約する必要はありません。
どうか遠慮なく、お問合せください。

私たちのスタンス8

常に、お客様のご希望が起点。「何でも言いやすい」環境づくりを。

  • こんな雰囲気にしたい、こんな色にしたい、ここを改善してほしい……
  • 私たちの仕事は、こうしたお客様の声が起点。事前のヒアリングを綿密にうかがい、
    その上で、必要に応じてご提案やアドバイスをさせていただきます。
  • 工事がスタートしてからも、随時お声をおかけし、不明点や疑問点、
    ご希望の変更などをおうかがいするように心掛けています。
  • 質問や要望など、お客様が何でも言いやすい環境づくり。それも私たちの品質です。

私たちのスタンス9

ご近所対応、現場の整理整頓、本当に大切なことにプロ意識を。

  • 見過ごされがちなことですが、じつはとても大切なポイント。
  • ご近所に迷惑や不快な思いをさせたら、一番困るのはお客様だからです。
  • 当社は施工前後のご近所挨拶を丁寧に行います。施工スケジュール等もご案内します。
  • 施工中もご挨拶を意識し、また施工音や飛沫が出ないよう、徹底した対策をします。
  • 足場設置や撤収、修繕など外注業者さんが関わる時は、必ず立ち合い監理します。
  • 現場の整理整頓はもちろん、シートや作業着、車両を常にキレイに保つよう心がけています。
  • 「職人が無愛想」とか「塗装屋は汚れているのが当たり前」なんて大昔の話。
  • 汚い現場、散らかった現場で、いい仕事はできません。

私たちのスタンス10

アフターケアも、街の塗装店らしく!

  • 地元静岡に根差して20年以上、いつもお客様の身近にいる塗装工房です。
  • さらに、何かあればいつでも何でも気軽にお申し出いただけるよう以下の取り組みをしています。

私たちの取り組み

  • 毎年、年に4 回、ご訪問して塗装面の確認をさせていただき、万一当社に関わる不具合がありましたら、すぐに対応します。
  • 「毎年、年に4 回も?」と思うかもしれませんが、理由があります。
  • 手ぶらで行くのではなく、このとき「美彩だより」をお届けしています。
  • 「美彩だより」は、暮らしの便利や健康情報、施主様のお店やお仕事、商品などの情報をご紹介する当社のミニコミ紙。
  • 暮らしやお仕事に役立てていただくとともに、定期発行物を届けることで、頻繁なコミュニケーション機会をつくり、困ったことは何でも気軽にお申し出いただける環境をつくる、という発想です。
  • こうしてアフターも常に見守り、寄り添い、何かあれば迅速対応。
  • 塗装のことだけでなく、よくこんな要望もいただくため、サポートしています。
    ・網戸を張り替えたい      ・障子を張り替えたい
    ・電球の付け替えができない   ・重い物を移動したい etc
  • 地域に根差した小さな塗装工房の強みであり、お客様にとっても心強いアフターケア体制となっています。